人は自然の一部である
Gallery
自然健康住宅・・・
 “人は自然の一部である”をコンセプトに、伝統建築の手法や技術・風土が生んだ知恵を、現代感覚と融合させる事により、自然にも人にも優しい空間創りと新しい建築文化の創造を発信、“気候風土に合う機能美を持つ空間作り”を追求しています。


特定非営利活動法人
「社の極」事務局

〒530-0035
大阪市北区同心1-7-13-303
tel(06)4800-2720
email: info@yashironokiwami.com


新・京町屋
              (大阪府吹田市)

 既存の石積み擁壁を残した造成からの建替え。双頭の屋根でボリュームを抑え、ガレージ上は屋上緑化となっている。1階と2階の生活空間をずらすことで、各々のプライバシーを守るようにした。
家族構成/ 祖母+夫婦+子供1人
敷地面積/ 325.28u
述床面積/ 255.06u
1階/ 127.53u
2階/ 127.53u
構造/ 木造在来工法2階建

 若奥さんがアレルギー体質であるとのことから、自然素材や健康に配慮した家づくりを望まれ、色々な設計事務所やハウスメーカーに相談された末、試行錯誤しながら当事務所にたどり着かれたそうです。
 お母様が社交ダンスを趣味とされており、広い
社交ダンスホールを造って欲しいとの希望をもたれておりました。ハウスメーカーでは不可能と云われた為がっかりしておられたのですが、構造体の単純化で大空間を構成し、柱のない架構にして実現させました。
 1階/若夫婦、2階/母世帯とし、生活空間をずらすことで各プライバシーが守れるように配慮し、30p角の杉の大黒柱で1階と2階をつなぎました。
 2階に設けられた
27帖の社交ダンスホールは圧巻です

27帖のダンスホールを持つ二世帯住宅。 無垢材を使用したエントランスが玄関へといざなう。
右手駐車場上は、屋上緑化。
門からエントランスへのアプローチ。配管隠しとなるよう、右外壁には駒寄せを設けた。 プライベートへの目線を遮る焼杉の塀。床は珪藻土タタキ土間。
アレルギー体質の若奥さんの為の自然素材のオーダーメイドキッチンと造り付け家具。 母の趣味である社交ダンスホールは27帖あり、構造体の単純化で大空間を構成し、柱のない架構になっている。 屋根の断熱性と天井扇で、夏でも冬でも快適に使うことが出来る。
一階のリビングルーム。
中央に畳を配し、いつでも寝転べる環境をつくった。
母の仏間付客間は、ダンスホールや廊下と段差のないバリアフリー仕様。ドアを引き込むと大空間が広がる。窓の手すりには家紋を施し、格調高い和室とした。
手前、檜の自然木と尺角杉の大黒柱が対比する玄関ホール。正面扉の右には、別所帯へと続くアプローチと階段がある。 奈良・赤膚焼で特別に焼かせたオリジナル洗面器


「ダンスホールのある二世帯住宅」が雑誌掲載されました。
2002,1月
木のこころ




designed by 社の極/大阪市北区同心1丁目7-13-303 TEL:06-4800-2720




Copyright © YASHIRONOKIWAMI all rights reserved.